ブロックチェーン技術を自治体の財政確保に役立てる 米バークレー市の先進事例

仮想通貨については懐疑的な人でも、仮想通貨の基盤をなすブロックチェーン技術の可能性については、期待や希望を寄せる人が増えています。自治体業務や登記、民間企業における契約業務などにブロックチェーン技術を生かそうという取り組みが進んでいます。

今回は、アメリカのバークレー市が、ブロックチェーン技術の特徴であるマイクロペイメント(少額決済)機能を活用して、地方債を低額で市民から募る、という先進的取り組みを始めていることを紹介し、ブロックチェーン技術の優位性の浸透が、結果として仮想通貨の信頼にも役立ち、その価値をあげていく可能性について、お話をしています。

仮想通貨もブロックチェーン技術も、まさに、これからの未来を明るくする技術であり発明であることを、これからもどんどんご紹介していきます。

→ ビッグベアニュースは今何位?人気ブログランキング

4 件のコメント

  • エイエイオー
    熊崎先生、お早うございます。

    内容の中で
    100円から250円ではなく1000円から2500円ですよね?

    応援しています!

    • masa様
      コメント、そして、ご指摘ありがとうございます。
      「10ドルから20ドル」ですので、ご指摘の通りです。
      以後、引用の際は、十分に気をつけるようにいたします。
      今後ともよろしくおねがいたします。

  • いつも旬な情報ありがとうございます。

    ズバリ、聞いてもいいですか?

    160倍のico案件ご覧になりましたか?

    ビックベアさんから見たら、
    怪しですか?

    • まるこさん
      コメント、そして、ご質問ありがとうございます。
      ご質問の件ですが、僕のプロジェクトでも、ご紹介させていただいている案件ですが、
      160倍という数字通りの結果が出るかは、もちろん、予測するのが困難ですが、
      信用できる方も関わっている案件です。
      ここでは、「最終的にはご自身の目でご判断ください」としか、申し上げられないのですが、
      さらに、私の方で調べてアドバイスできることがありましたら、メールの方に直接送らせていただきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です