熊崎雅章が、政治家を目指した理由 ② 人を幸せにする経済を作りたい

今回の「ビッグベアラジオ」は、元政治家・熊崎雅章が、なぜ、政治の道を志したのか?そのきっかけについて、自らの生い立ちに触れてお話をしています。

前回は、高校3年生の時に、長崎への修学旅行で訪問した原爆の惨状を伝える写真をみて、戦争のない平和な世界を作りたいと強く思ったのがきっかけであった、とお話をしました。

今回は、自分の父親が人の借金の保証人となり、それがきっかけで、苦しい生活を余儀無くされたこと、その体験から、人を苦しめる経済ではなく、人を幸せにする経済を作りたいと強く願っていたこと、そのためには、政治を変える必要がある、と考えたことが、政治を志すきっかけであったことをお話ししています。

では、なぜ、その政治の道をやめて、ビジネスの世界へと飛び込んだのか?

そのあたりの話は、ぜひ、音声お聴きください。

.

→ ビッグベアニュースは今何位?人気ブログランキング