金融庁に登録する仮想通貨交換業者 統一団体を設立

コインチェックによるNEM流出問題などで、セキュリティや資金管理等が問題となり注目を集めていた、仮想通貨交換業者らが23日、統一団体を設立し記者会見を行った。

団体の会長には、奥山泰全(たいぜん)・マネーパートナーズ社長が就任し、副会長には、ビットフライヤー代表取締役の加納裕三氏が就任した。

詳細は下記の記事からチェックできる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000009-asahi-bus_all

さらに、団体設立に向けた動きがYouTubeにアップされているので、あわせて紹介しておこう。