分散型取引所と報酬型トークンが激アツに

報酬型トークンとは、例えば特定の通貨を保有しているだけで手数料の何%がトークン保有者に分配される仕組みのことをさす。

しかし、2018年2月に香港証券先物事務監察委員会(SFC)は、有価証券と捉えられる仮想通貨がそれぞれのプラットフォームで(ライセンスなしに)取引がされていることを7つの仮想通貨取引所に忠告、その危険性を警告する文書を送ったことを明らかにした。

該当する取引所は、取引サービスの提供の停止とされるか、即座に基準を改正、関連のある仮想通貨をサービスから除外(上場廃止)するか選択を迫られた。

このような規制の中、報酬型トークンが有価証券に該当するかどうか、が今後議論されると思われる。

今後の、大手取引所の対応が気になるところである。

しかし、最近需要が高まってきている分散型取引所(DEX)では配当型トークンの規制はまだない。仮想通貨での報酬受け取りを目指しているユーザーは、この分散型取引所での投資に注目することをおすすめしたい。

分散型取引所とはなにか?
分散型取引所とは、これまでの中央集権型の取引所とは異なり、24時間365日稼働し、詐欺がおこりにくく規制されず、本人確認が不要という、メリットが大きい取引所だ。

以下の記事がとてもわかりやすいので紹介しておく。
https://coinotaku.com/?p=2300


次に、報酬型トークン一覧をご紹介しておく。
今後、個々のトークンについて詳細を紹介する機会もあるかもしれないが、まずは、どんなトークンがあるのかをチェックしておこう。


報酬型トークン一覧

  1. NEO (NEO)
  2. VeChain (VEN)
  3. Ark (ARK)
  4. TaaS (TAAS)
  5. KuCoin Shares (KCS)
  6. BridgeCoin (BCO)
  7. DigixDAO (DGD)
  8. Iconomi (ICN)
  9. COSS (COSS)
  10. Rialto (XRL)