Dan Morehadead氏 ビットコインは2018年末には2万ドルになるとの見通し

2003年に創業し、仮想通貨やフィンテック関連に注力している投資ファンド会社に、Pantera Capita社がある。

*Pantera Capita社のサイトはこちら。
https://www.panteracapital.com/

同社は、ボラティリティが高く不安材料が多い仮想通貨業界において、常に強気な発言をしてきたことで知られている。2018年4月18日に行われたCNBC誌の企画「Fast money」内では、、CEOである、Dan Morehead氏が大胆な発言をし、話題になっている。

同氏はビットコインの弱気市場の底は6,500ドル(約70万円)で、年末には2万ドル(約215万円)になると述べた。

もしあなたが2万ドル(約215万円)のものを7,000ドル(約75万円)で買うことが出来たなら、恐らくそれは良い取引と言えるだろう。いま、購入するタイミングというのはそれくらい絶妙なチャンスだということだ。投資家としてのセンスが問われる局面ともいえる。

Dan Morehead氏とは

さて、Dan Morehead氏とは、どんな人物なのか?彼は、元々は金融大手ゴールドマンサックスなど、名だたる金融機関にて執行部を歴任。その後、2003年に投資ファンドPantera Captalを創業した。

Pantera capitalはもともとはグローバルなヘッジファンド投資に力を注いでいたが、仮想通貨業界の急成長を受け2014年ビットコインの取り扱いを経て、本格的に市場に参入した。現在は仮想通貨関連の投資ファンドとしては最も大きいもの一つになり、その動向には常に注目が集まっている。

CEOであるDan Morehead氏は仮想通貨に好意的な投資家として有名で、ビットコインやその他仮想通貨の将来性に関して強気な発言をしていることで知られている。

たとえば、以前、仮想通貨業界で最も市場価値の高いビットコインについて言及し、仮にビットコインが消滅するような事態になっても、仮想通貨へ投資を行っておけば、最終的なリターンは大きい、と語ったことで物議をかもしだした。

Dan Morehead氏「仮想通貨は今が買い時である」

そんなDan Morehead氏は2018年4月18日、再度注目を集める発言を残したのである。

彼は2万ドル(約215万円)という高値から一時三分の一近くまで落ち込んだビットコイン価格に関して、現在は底であり「今が買い時である」と語ったのである。

彼が根拠にしていることの1つが、Pantera capitalでの仮想通貨の取引履歴の流れだ。データによれば、ここ5年間の間で仮想通貨産業は年率165%の成長率で成長を続けている。この流れを見れば、今後もビットコインに限らず、仮想通貨は上昇を続けていくだろうと予想しているのである。

Morehead氏が提示する条件はこれだけではない。

現時点で、一般市場の機関投資家による、資産の流入が仮想通貨市場には起こっておらず、依然として過小評価されている段階だと彼は語る。長期的な視座を持たず、資産規模の小さい投機目的のユーザーで50億ドル近い仮想通貨市場が保有されているような状態であるというのだ。また、今後この市場に大口の機関投資家たちが流入すると、その価値は数倍にも跳ね上がると彼は予想している。

Morehead氏とPantera capitalは4月にも顧客宛てのニュースレターにて、こうした現状を踏まえ、2018年中にビットコインは少なくとも2万ドル(約215万円)までその価格を上げるだろうと伝えている。

その他専門家の声

Danmorehead氏に限らず、ビットコインや仮想通貨の現状は底だと考えている投資家、アナリストは多数存在する。その一人が、Tom lee氏だ。ウォーストリートに拠点を置く、リサーチプロバイダーFundstrat Global Advisorsのアナリストであり、仮想通貨関連の情報発信を行っていることでも有名だ。

彼は米国の経済学者Arthur M. Okunが考案した「悲惨指数」という概念を用い、ビットコインの将来性を算出し、2020年までに91000ドル(約980万円)まで価値が上がるだろうと発言している。

また、ビットコインや仮想通貨価格が急落した2018年初頭には、この要因がアメリカの確定申告期間(1月27日~4月17日まで)が影響していると語った。

*悲惨指数とは
https://www.ifinance.ne.jp/glossary/economy/eco012.html

こうした専門家の声はあくまで予測だ。実際のところ仮想通貨は実際に現実世界で使われてこそ、その本質価値が問われるものだが、現段階では依然としてその多くが試験段階といえるだろう。

まだ価値を策定できるレベルではないとする専門家も存在している。

しかし、仮想通貨市場は、いまだ黎明期であり、投機目的の個人投資家がメインの現状から本格的に機関投資家が参入する新しい局面になれば、仮想通貨の価値は今以上にあがるだろうというのが、大方の専門家の見方といえそうだ。

<参考記事>
http://coinpost.jp/?p=23031