再生エネの開発を加速させる一因に 国内での仮想通貨マイニング

仮想通貨が再生可能エネルギーを「爆食い」している。こんなユニークな書き出しで始まるのは、4月19日付の日本経済新聞の記事だ。

仮想通貨の値上がりを受け、国内外の企業が再生可能エネを使い、コンピューターで暗号を解いて仮想通貨取引を承認するマイニング(採掘)を手掛けているためだ。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)が今月まとめた統計では、17年末の再生エネの発電容量は16年比で8%伸びた。環境負荷に配慮するマイニング業者が再生可能エネを使う動きは今後も広がるとみられ、再生エネの開発を加速させる一因になりそうだ。(記事本文より引用)

記事では、北欧やアジア、日本でのマイニングの動向をコンパクトにまとめている。

<全文はこちらから>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29588660Z10C18A4000000/