仮想通貨「ICO」米証券取引委員会も規制強化へ 逆風をいかに乗り切るべきか

大型ICOとして期待が高まっていたメッセージアプリ「テレグラム」のICOが、SECからの監査を懸念してキャンセルされたと報じられている。


米証券取引委員会(SEC)は先日、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー・ジュニアを宣伝に起用した仮想通貨「Centra」のICOが詐欺であると告発するなど、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)が、逆風に晒されている。

詳しくは、以下の記事に詳しい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180416-00020629-forbes-bus_all

各国のICO規制の動きについては、下記の動画が情報満載なので、ぜひ参照してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です