日本国内の仮想通貨取引量は右肩上がり 昨年度はFXなどで、56兆円超え。

日本国内での、仮想通貨の取引量は、引き続き右肩上がりだ。「バブルは終わった」「これからは下落の一方だ」などの意見が、ここしばらくの間、盛んに言われた。相場の下落傾向が続くときは、こうした弱気な世論が広がるものだが、大事なのは、実態がどうか?ということだ。
*急増が続く国内の仮想通貨取引量、17年度は証拠金・信用・先物取引で56兆円超え
→https://jp.techcrunch.com/2018/04/10/fsa-singi-0410/

この記事によると、証拠金・信用・先物取引の利用が増えており、特に、20代から40代での参入者が増えているということだ。

YouTubeでも、仮想通貨FXに関する動画が増えており、基本的なやり方などから解説している動画も少なくない。ぜひ、チェックしてみてほしい。

仮想通貨投資FXをする際に知っておいて欲しいメンタル管理とビットコイン円価格相場分析(2018年4月1日)

*仮想通貨でFX(為替)の裁量トレード手法を使いバシバシと勝ちまくる「目から鱗な」方法【初心者必勝講座】【専業トレーダー翔太】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です